ドルリー・レーン「悲劇」四部作一挙紹介

ドルリー・レーン「悲劇」四部作とは

本格ミステリの巨人エラリー・クィーンが生んだ、元シェイクスピア俳優にして名探偵ドルリー・レーンが活躍するシリーズです。
刊行当時バーナビー・ロス名義で発表されたこのシリーズは、既に国名シリーズ数冊を発表したエラリー・クィーンが、この四部作のためにあえて別の名義を用いた、と言われています。

シリーズ構成と読む順番は

古典となったこの「XYZの悲劇」四部作については、どれから読むのが正しいのか、色々な意見があります。
そもそも「XYZ」と来たら普通はそこでシリーズ完結ですが、このシリーズは『レーン最後の事件』までの四部作のシリーズ構成となっています。
読む順番については、推理小説史に残る傑作として名高いのが第2作『Yの悲劇』で、まずはそこから読みましょう、というのがミステリ入門者へのアドバイスとして幅を利かせているようで、この意見にも一分の理があるとは思いますが、第1作『Xの悲劇』も負けず劣らずおススメなので、ここはぜひ刊行順に読むことを強くおススメしたいです。
では、一挙に紹介していきましょう。

1.『Xの悲劇』

ニューヨークの満員の路面電車の中で株式仲買人が殺害された。犯行方法はコルクに針を刺しニコチンを塗ったものを被害者のポケットに忍ばせるという奇妙なものだった。第2、第3の殺人が起こる中で、聴力を失った元シェイクスピア俳優のドルリー・レーンが推理力と俳優として技術を駆使して犯人Xに迫る・・・

謎解きの明晰さが作家クィーンの最大の持ち味ですが、この作品で登場する探偵役のレーンはその個性が際立っています。名探偵として必須の資質である、卓越した推理力と人間観察の鋭さに加えて、俳優メーク技術と小道具を駆使してルパン、ホームズばりの変装を披露したり、たびたびシェイクスピア劇のセリフを引用してみたり、とクセのある人物。事件の謎解きも舞台に立つ役者が大見得を切るようなケレン味に溢れています。

緻密な中に大胆な劇的効果をたっぷりと持つ、悲劇シリーズ第1作です。

2.『Yの悲劇』

大富豪のヨーク・ハッターの死は、服毒による自殺と判断された。がしかし、その後、ハッター家にはさらなる事件が待っていた。事件解決に乗り出したレーンは、やがて犯人の目星をつけるが、それは彼の苦悩を深めるだけだった・・・

単独のミステリとしても、「謎に満ちた事件」と「意外な犯人」を「ロジカルでクリアな推理」で紐解くパズラー、としての完成度の高さから、ミステリ史に残る傑作として(特に日本で)人気の作品で、かつては各種ランキングで常に不動の1位を占めてきましたが、最近は少し事情が異なるようです。

ですが、「悲劇」シリーズの中では、この作品はシリーズの中核として再評価されるべきです。
その観点からみると、やはりこのシリーズは1作目から刊行順に読むのが、最も味わい深い読み方ではないかと思います。前作『Xの悲劇』が端正なパズラーであったのに対して、2作目は物語全体を暗い陰が覆い、陰鬱な空気に支配されています。その陰が事件の関係者だけでなく、探偵自身にも及んでいて、真相の解明がなされても、これにて一見落着、とは到底思えない衝撃の深さがあるのです。

3.『Zの悲劇』

黒い噂がつきまとう上院議員の刺殺事件。刑務所を出所したばかりのエアロン・ダウが逮捕され、死刑の判決が下された。死刑執行へのカウントダウンの中、引退したサム警視の娘ペイシェンスとレーンは、無実を主張するダウを救い、真犯人をあげることができるのか?

ペイシェンスが一人称で登場し、語り手と探偵役を務めます。若く行動力があり、冒険心に富み、頭脳明晰な彼女が登場することで、これまでの2作品とは全く異なるテイストの作品となりました。
本作がタイムリミット型のサスペンスであることも新鮮です。最後はレーンのたたみかける推理によって真犯人に迫るのはこれまで通りですが、この作品で74歳となるレーンの衰えは隠せません。
そしてこれが最後の事件へと繋がっていきます。いわばこの作品全体が最後の事件への伏線をなしているのです。

4.『レーン最後の事件』

私立探偵事務所を開いたサム元警視の元に、七色にひげを染めた依頼人が訪れる。
折しも博物館の警備員の失踪、シェイクスピアの稀覯本のすり替え事件が発生していた。
サムを手伝う娘ペイシェンスとレーンが辿る衝撃の結末とは・・・

本書は最初からこれでもかと奇妙な謎が提示されていて、否が応でも引き込まれていきます。展開もアクションシーンありロマンスありと、またまた前3作とは異なるテイストです。

そして最後の真相に辿り着いた時の衝撃!!それはまさに突然息ができなくなるほどの凄まじさです。私自身四十数年前のとある日曜日の午後、しばし呆然としました。最初に感じた怒りが去った後は、どうしようもない悲しみが胸に迫って、やがて、これまでの全てが、ああ、なんと、この悲劇に繋がっていたのだ、と思い知らされたのです。

写真素材のピクスタ
最新情報をチェックしよう!

シリーズ作品一挙紹介の最新記事8件